>

それぞれのリフォーム策

犬と猫の足は違う

犬はフローリングタイプの床だととても滑りやすく足腰に負担をかけてしまいます。
滑りにくい素材の床もあり、コルクシートのようなものも市販されているので、フローリングであればこのように対策する必要があります。
高齢になってくると、負担も大きくなってしまいますので必需品になります。
クッションフロアというものも購入することができますし、業者に依頼すれば元々あるフローリングの上から貼ることが可能です。
猫の場合では、遊ぶことが出来ないとストレスを感じてしまいます。
自由に飛び上ったりすることで、ストレス解消できるので、キャットウォークなどの遊び場が必要となってきます。
まずは、ペットの動線を確認する必要があります。

壁のリフォーム

犬や猫を飼っている方々で爪とぎによるキズ、ニオイが気になることが多いのではないでしょうか。
独特なニオイが嫌という意見も少なからずあります。
空気清浄器などでも改善できるかとは思いますが、長年飼っていると壁にニオイが染みついてしまいます。
防臭効果のある壁紙が販売されていますので、ニオイ軽減の際にはペット用の壁紙を選ぶことがポイントになります。
猫などは特に壁で爪とぎなどあるかとおもいますので、その悩みには壁のリフォームをおすすめ致します。
壁紙の上に木の材質の物を取りつけることも可能ですし、硬い素材の壁紙にも変えることが出来るので爪とぎのキズが気になる方は猫の高さに合わせてリフォームすることをおすすめ致します。


この記事をシェアする