>

ペットと暮らすということ

犬を飼うときの注意点

犬を家で飼うときの注意点があります。
まず多い悩みとしては、足や腰の病気です。
椎間板ヘルニアと言われているものです。
椎間板ヘルニアは、激しい運動や足腰にかかる強い負担により発病する病気です。
主にフローリングなど、安定しない床で生活していることで足腰に負担がかかってしまいます。
犬も走り回ったりすることも室内では多くあるかと思いますがフローリングだと踏ん張りがききません。
犬を飼う際は、床を滑りにくいものに変えたりするなどの工夫が必要となってきます。
また、段差が多いとその分負担が掛かりますので、人間が快適に生活できても犬にとっては負担が大きいかもしれません。
まずは犬の気持ちになって考えることが大切です。

犬の他の病気

犬の病気も椎間板ヘルニアの他に様々な病気があります。
人間にもありますが、前十字靭帯断裂は犬にも発症することがあります。
激しい運動などで足に負担がかかり起こってしまうもので、多くの原因がフローリングによるものです。
また肥満が原因にもなり、フローリングだと病気のリスクを考えると走り回ることができません。
ダックスフンドやゴールデンレトリーバーがかかりやすいと言われています。
毎日の運動が日々の負担となりますし、柔らかく滑りにくい床にかえたり、段差がある場合はクッションなどをつける必要性があります。
すでに発症してしまった場合でも、床を改善することで再発防止にもなりますので、病気になる前でもなった後でも、しっかり改善していくことが重要です。


この記事をシェアする